公式サイト以外のショップも充実

公式サイト以外のオンラインショップとは

 

実は、Zoffメガネは、公式オンラインストア以外にも有名オンラインショッピングモールなどに出店しています。

 

現在のところ、「楽天市場」、「Amazon」、「ZOZOTOWN」、「i LUMINE」の4店舗を運営しています。

 

ところで、Zoffのように実店舗も多数運営していて、自社の公式オンラインストアも開設していて、さらに楽天市場とかAmazonに出店するメリットはあるのでしょうか。

 

これらのオンラインショッピングモールに出店するにあたっては、当然、出店料が必要になりますし、サイトの表示やさまざまなルールに従わなければなりません。

 

いろいろと制約がありますので、それだったら自社のオンラインストア1本で運営するほうが賢明ではないかと思ってしまいます。

 

でも、サイトなどで調べていくと、オンラインショッピングモールにはネームバリューをはじめさまざまな強みがあって、やはり出店のメリットは大きいようです。

 

Zoffの根強い人気や自社開発、企画、広告の充実などにより、自社オンラインストアも順調に売上を伸ばしていることとは思いますが、たとえば新規ユーザーとかリピーターの獲得・増加といった部分を考慮すると、楽天、Amazonなどへの出店はメリットが大きいのではないでしょうか。

 

それでは、実際にZoffが出店するショッピングモールの内容を一つずつ確認してみることにします。

 

Zoffの楽天市場店は変わらぬ安心感

さて、第1弾となる楽天市場のサイトです。

 

サイト全般を見渡すと、以前のサイトから変わらないようです。

 

Zoffの楽天市場オンラインショップ

 

おそらく、Zoffオンラインストアのリニューアル前の構成とほとんど同じ構成と思われます。

 

左側にある「サイドメニュー」は、「アイテムカテゴリー」とか、「目的・使い方で選ぶ」とか「形状で選ぶ」といった項目は以前のままです。

 

こういった構成が別に悪いとは思いませんが、現在の公式オンラインストアを見てしまうと、なんだか少し古めかしくも感じます。

 

次に、一覧ページや個別ページになると、これは楽天市場としての規格になってしまうので、どうこう言う話にはなりません。

 

一覧ページでいえば、楽天ならではの並べ替え(価格が安い順・高い順、新着順、レビュー件数順、レビュー評価順)が使えますので、多分、楽天のファンならとても使いやすく感じるはずです。

 

また、個別ページでいえば、詳細説明が長々ととても詳しくされているので、楽天に慣れている方なら違和感はありません。(好みにもよります)

 

総合的にみて、楽天市場を普段から利用しているユーザーにとっては、ある意味“変わらぬ安心感”を感じさせるサイトづくりになっています。

 

商品数は600件以上あり、ある程度は総合サイトの形になっています。

Amazon店はprime会員にはおすすめ

AmazonのZoffサイトを見てみました。

 

こちらは、楽天市場とはまったく異なる状況で、驚きました。

 

Zoffのamazonオンラインショップ

 

もちろん、Amazonならではの商品表示や機能といった部分はありますが、楽天のようにすべての商品を販売するといった総合的なサイトではなく、安く販売可能な特価品ばかりを扱うサイトのように見えました。

 

商品数は100件に満たない数で、あまり目立った商品は少ないように思えます。

 

ただし、そこがねらい目かもしれなくて、安価な商品を求めるユーザーにとってはまさに掘り出し物という感じがあります。

 

しかも、すべての商品がamazon prime対象商品となっているので、amazon primeの会員であれば送料無料となりますので、大きなメリットです。

 

たとえば、メガネケースとかメガネ拭きなどの価格の安いアイテムを単体で購入する場合などは大変オトクです。

 

(ちなみに公式ストアや楽天の場合、購入金額が3,240円未満であれば送料540円かかります)

 

いずれにしても、意外性があって、amazon prime会員の方にはオススメのサイトです。

 

ZOZOTOWNは全商品ほぼ70%で購入

第3弾は“ZOZOTOWN”です。

 

ZOZOTOWNの場合、全商品がほぼ3割引き、定価の70%で購入することができます。

 

ZoffのZOZOTOWNオンラインショップ

 

送料や代金引換手数料などについては、Zoffオンラインストアの設定とは違い、ZOZOTOWNの設定に統一されているようです。

 

送料は一律200円(即日配送は550円)、代金引換手数料は324円、クレジット決済は無料となっています。

 

ただし、商品の価格自体は、通常の商品価格の70%となっていますので、送料が引かれたとしても安い計算になります。

 

商品数は200点強という状況なので、もし自分のお好みのメガネが見つかれば、とても格安で購入出来ることになります。

 

もう一つ心配なのが「返品・交換」の条件です。

 

こちらも、公式ストアの条件とは違って、ZOZOTOWNのの条件が適用されるようです。

 

ここら辺はとても複雑なので、ZOZOTOWNの返品・交換の条件を十分に確認してください。

 

もしかしたら、Zoffの設定が適用されるのかもしれませんので、購入前に事前に運営サイトに確認しておくことをお勧めします。

 

いずれにしても、ZOZOTOWNのZoff店も魅力あるサイであるトと感じました。

i LUMINE店は微妙・・

最後は、「i LUMINE店」になります。

 

ルミネは、駅ビル型ショッピングセンターを運営するJR東日本のの子会社で、関東周辺に14施設を運営しています。

 

Zoffのルミネオンラインショップ

 

そのうちの12店舗にZoffの実店舗を出店していますので、Zoffとの関りも深いと思われます。

 

そして、そのルミネの公式サイトにもZoffが出店しているという構図なのかなあと思います。

 

商品数は100点前後というところです。

 

そのうちの6割程度がいわゆる“セールス商品”となっており、割引率は20%から最大50%となっています。

 

ほとんどのセールス商品は20%強となっています。

 

なお、送料は一律200円ということなので、そんなに高い感じではないと思います。

 

保証の部分ですが、サイトの注意事項を見る限り、ルミネの設定のように思います。

 

ただ、ZOZOTOWN店と同様、Zoffの設定が適用されるのかもしれませんので、購入前に事前に運営サイトに確認しておくことをお勧めします。

 

 

 

page top